三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜8時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関 協力型臨床研修施設(申請中)
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜20時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:30~20:00
  • 土日:9:30~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

どうして歯並びが悪くなる「舌の悪い癖」があるのでしょうか。 ~ 0歳児からのアプローチ

~ 『矯正なるほど豆知識』 ブログより ~

今回は以前も取り上げさせていただいております嚥下(えんげ)の際の「舌の(悪い)癖」について、その原因について考え、早期アプローチについてお話したいと思います。

先ず、うまれたばかりの赤ちゃんの嚥下時の舌の動き【→乳児嚥下(:原始反射)】と、乳歯が生えて成熟した嚥下時の舌の動き【→成熟嚥下】についてお話いたします。
【乳児嚥下】は、①口が開いて、②舌が顎堤を越えて前突し、③上あごの内側(:哺乳窩)と舌の間に乳首をはさんでしごき、舌が低い位置で嚥下をします。
これは口に指をあてると無意識に吸うような原始反射でもあり、魚などレベルの低い生き物と同じく脳幹での動きです。
原始反射は生後6ヵ月ほどで消失し離乳食となり、乳歯は萌出し、三叉神経が主体の意識的な【成熟嚥下】となります。
正しい【成熟嚥下】は、①口を閉じ、②舌は前歯を押し出すことなく上あごの内側(:口蓋)の方向へ動き、③舌が直接口蓋を押し上げて食べ物を流れるように後方の食道へ送り込みます。

「舌の悪い癖」には、『舌突出癖』があります。
『舌突出癖』は、嚥下の際に前歯を押し出して舌が動きます。
これは正しい【成熟嚥下】とは異なり、前歯が唇側傾斜し、オープンバイトや出っ歯、口唇閉鎖不全、むし歯、歯周病、口臭になりやすいです。
また、舌が低い位置にある『低位舌』であれば、反対咬合、上あごが狭く鼻腔狭窄、口呼吸、舌根沈下、低酸素状態になりやすいです。
【乳児嚥下】の名残で「舌の悪い癖」があると推察されるのです。

最近では、「口腔機能発達不全症」という病名もでき、その治療も歯科医院で行なわれるようになってきました。
これは、乳幼児から口腔機能を十分に発達させて、老齢期にも正しい嚥下ができ、口の健康から要介護者を少なくできるという国の取り組みでもあります。

「舌の悪い癖」がなく、正しい【成熟嚥下】を習慣化することが大切です。
そのために、口呼吸を防止する、食べ物の与え方を工夫する、ストローを使わずに飲めるようにする、英語の発音を覚える、むし歯を予防するなど、哺乳開始期からアプローチしていくこともよいでしょう。
人の食と呼吸の機能管理を通じて全生涯的な健康の実現をめざします。
気になることがあれば、どうぞ ≪あべひろ総合歯科≫ の矯正医にお尋ねください。
« スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)

歯科医師・歯科衛生士募集 歯科衛生士 募集 歯科医師 募集

Webデザイナー募集

あべひろ卒業生から推薦の声
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
  • 正しいデンタルフロスの使い方
  • 舌の病気・トラブル
  • スポーツや歯ぎしりから歯を守るマウスピース
  • 歯のプロお奨め!ソニッケア
  • 噛み合わせでお悩みの方へ
pagetop