三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜8時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関 協力型臨床研修施設(申請中)
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜20時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:30~20:00
  • 土日:9:30~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

上下の正中線がズレてることって悪いこと?

こんにちは。
あべひろ総合歯科 矯正担当医の澁田です。
今回は、上下正中線が一致していない(ズレている)のが悪いのかどうかについてお話させていただきます。

※写真:矯正治療前後の正中線比較 (緑色の矢印:下前歯の正中、黄色の矢印:上前歯の正中)

上:抜歯矯正により歯並びやかみ合わせが改善した患者様
〈患者様の概要〉
前歯の歯ならびが気になるし、歯が口のなかで当たって口が切れやすい、12歳女子。
大臼歯Ⅰ級咬合。叢生。上顎左側犬歯低位。
上下顎左右側第一小臼歯を抜去し、上下顎マルチブラケット装置によって全体矯正。
動的治療期間:2年1か月。治療費概算:90万円。
治療リスク:食べ物などのカスがワイヤーと歯の間に詰まりやすい。ワイヤーでケガをすることもある。

私のお返事は・・・『上下正中線が一致していることが望ましいが、一致していなくても大きな問題ではないこともある。』です。
それでは、もう少し掘り下げてご説明させてください。

上下の正中線が一致しているということは、(矯正治療後であれば)歯のかみあう位置も左右均等であると想像します。
すなわち、矯正治療後の人であれば、「この人はきっと見た目だけではなくて、左右バランスもよいのではないか」と、正中線を見て想像します。
そうであればやはり、『上下正中線が一致していることが望ましい ~ 。』となります。

では、矯正治療後でも上下正中線がピタッと一致していない人は完璧にホントに0人?といえば、そんなことはありません。
たとえば、下の前歯が元々1本欠如して3本の人の矯正治療は、仕上りをブリッジ補綴にして下の前歯を4本にすることは珍しく、仕上がりが上4本・下3本であって正中線は一致しないこともあります。
また、(上下)左右の歯の大きさや形態が異なる人や、(上下)左右の歯の本数が異なる人、(上下)左右の偏位がありどうしても上下正中線が一致しようがない場合もございます。
アメリカの患者様向けのとあるアンケート調査からは、上下正中線が2 mm以内であればズレは気にならない、との報告もあり、矯正治療後のこのような上下正中線の不一致については気にするか気にしないかの個人の気持ちの持ちようと言えなくもないとは思います。
従いまして、『上下正中線が ~ 一致していなくても大きな問題ではないこともある。』となります。
※不正咬合がある場合は、開閉口運動時の左右ズレによる早期接触、歯周病、顎関節症、あごの歪み、全身の姿勢(顎位のズレによる肩、骨盤、膝の左右高さなど)バランスに影響もあり、治療改善が必要です。

これからも、患者様とのコミュニケーションを大切にした患者様ファーストの矯正診療をこころがけてまいります。
何卒、よろしくお願い申し上げます。
« スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)

歯科医師・歯科衛生士募集 歯科衛生士 募集 歯科医師 募集

Webデザイナー募集

あべひろ卒業生から推薦の声
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
  • 正しいデンタルフロスの使い方
  • 舌の病気・トラブル
  • スポーツや歯ぎしりから歯を守るマウスピース
  • 歯のプロお奨め!ソニッケア
  • 噛み合わせでお悩みの方へ
pagetop