三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:10:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

上顎前歯部側切歯のインプラント埋入+GBR処置

埼玉県三郷市のあべひろ総合歯科、インプラント認定専門医の阿部ヒロです。

今日は前歯部インプラント埋入の手術を行いました。

日本人の上顎前歯部の骨は非常に薄い!
普通にインプラントを埋入すると、ネジ山が出てしまいます。歯肉が厚い患者様がブラッシングコントロールをうまくなされていれば問題はないのですが、そうでない場合、ちょっとしたことで歯肉が下がり、ネジ山が露出。インプラント感染症を引き起こす場合があります。

そのようなリスクを少しでも軽減するのと、審美的な配慮を兼ねてネジ山露出を防止し、裂開したところは積極的に骨再生の処置をします。バイオス0.5gと自家骨をK-トレフィンバーで採取し、人工骨と自家骨を混ぜて使用します。写真は患部に骨を載せたものです。その上にメンブレンという膜でカバーして保護、固定します。そして縫合で完了です。

つい10年ぐらい前は、GBR法とインプラント同時埋入は行わないのが一般的でした。十分な骨が出来上がってからインプラントを埋入するという考え方が主流でした。しかし、技術の進歩と発展により、よほどのことでない限りインプラント埋入と骨造成を同時に行うようにしています。しっかりと既存骨に入れることができますし、手術も一回で済みます。仕上がり期間も短縮できますから、いいことずくめです。

4mm程度の歯槽底部の骨幅で、中央部が陥没しています。理想的な位置・既存骨を重視した位置を考慮して、ピエゾサージェリー(超音波切削機器)でインプラントが入るスペースを形成して埋入します。埋入初期固定は25Nで必ずしも良いとは言えませんが、二回法なので問題はありません。デコルチフィケーションといって、骨面(皮質骨)をピエゾサージェリー(超音波切削機器)で多数穿孔、出血を促すことで人工骨の血流確保と骨細胞、細胞増殖因子が増殖できる環境を作ります。顎骨形態再現を意識し、骨吸収を見越して人工骨の量を調整します。メンブレン膜で創面を覆うので、その膜を適正サイズにトリミングして固定。4ヶ月ほど待ってから粘膜の開窓を行って歯型を採り、人工の歯を作成します。

骨が無くてもインプラント治療は可能ですので、総入れ歯に抵抗のある方、他の歯科医院でインプラントを断られた方など、是非ご相談ください。 « スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
初めての方へ
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
pagetop