三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

唾液効果

埼玉県三郷市のあべひろ総合歯科、歯科助手の萩原です。
過ごしやすい季節になりました♪ いかがお過ごしですか?

今回は、日々何気なく感じられている「唾液」のお話しです。

お口の悩みは一人ひとり、さまざまですよね。
口臭・むし歯・歯周病・歯の色など、皆さま色々あるかと思います。

その悩みが、これからお話しする「唾液効果」で改善されることがあるのです!
それでは早速、「唾液効果」をみていきましょう!

抗菌作用 むし歯や歯周病など、口腔内の細菌感染や、体の中に病原菌が入ってくるのを防いでくれます。

消化作用 唾液は消化液としての働きもします。唾液に含まれるアミラーゼという酵素が、お米やパンなどの炭水化物を消化してくれます。


毒素排出作用 毒物や異物が口に入ってきたとき、唾液で包み込んで防御してくれます。

むし歯予防 食べかすを喉の奥へ洗い流す、洗口液の役割をしてくれ、初期のむし歯を防いでくれます。

口の中を中和する働き 食事後の口腔内は酸性に傾きますが、唾液はこの状態を改善、中和してくれます。

味覚を感じさせる働きの補助 食べ物を溶かすことで、味を感じる味蕾(みらい)細胞の働きを助けます。


そんな働き者の唾液を増やすには・・・
  1. 水分を多く摂取する
  2. 食べ物をよく噛んで食べる
  3. 唾液腺のマッサージ、舌の運動
  4. 食べ物では、酸性のもの摂る

人は成長期を超えた年齢に達すると体のどの箇所も老化していきます。若い頃なら特に意識せずとも体の機能が維持できていても、年齢を重ねてくると、使わないところ・動かさないところから機能が弱くなっていきます。

唾液の分泌量も同じこと。ですので、適度な刺激を与えてあげて、分泌量が減らない工夫が必要です。「唾液が少なくなった」と感じる前に、そうなるものと意識して、あらかじめ対策をうっておくといいですね。 « スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop