三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

月に一回の超難症例 合同オペを行いました

埼玉県三郷市のあべひろ総合歯科、院長の阿部ヒロです。 先週、月に一回の超難症例 合同オペを行いました。 All-on-4で即時荷重(その日のうちに噛めるようにする)を行ったのですが、単なるAll-on-4ではありません。普通ならインプラントを埋入することすら困難な症例なのです。事前にノーベルクリニシャン(ノーベルガイド)を使用して診査診断とガイドを作成しましたが、あまりにもシビアでガイドの対応が困難と判断し、現場でリカバリーをかけた症例でした。 0000004676_Panorama_20160819185442 写真では分かりづらいのですが、歯槽頂部が3mm程度しかありませんし、歯槽底近くまでリッジが細い状態です。かつ、二級の顎骨咬合関係で、鼻口蓋管嚢胞も存在し、前歯部の骨もまともに使えず、上顎洞は3番付近まで張り出しています。とても即時荷重を行える状態ではありません。ノーベルガイドでランドマークは確認したものの、対応が難しく、フルフラップで解剖的位置関係を把握して最善の位置を探っていくしかありません。 DSC_6273 このような難症例は、CTやノーベルガイドなどの最新テクノロジーだけでは対応できず、根本的な外科知識、そしてインプラント学と解剖を熟知しないと対応することはできません。通常なら、骨造成をして2回法にするのが一般的です。 しかしこの患者さんは、14本あった歯牙がすべて歯肉縁下カリエス及び歯根破折で、保存が困難で抜歯を余儀なくされました。総義歯も合わず、上顎前突で総入れ歯ではうまく話すこともできませんし、違和感も大きいため、義歯を使用することができない状態でした。 抜歯後半年の骨の治癒を待っての処置ですので、出来るだけ患者さんの期待に応えたいと思い、持っているすべてを発揮して全力で取り組みました。 IMG_5870 手術は慎重に慎重を重ね、鼻腔底部と上顎洞前壁で固定を得て、35NブローネマルクシステムのMarkIIIを使う予定でしたが、初期固定が得られず、即時固定を得るためにSpeedy&Groubyを使用しました。 ともあれ、無事に手術が終了し、即時荷重に成功しました。本日、糸抜きに来ていただきましたが、問題なく過ごされています。 さすがに今回の手術は2時間を超え、最終印象までに3時間ほどの時間を要しました。もちろん患者さんは静脈内鎮静麻酔法の基で行いましたので、何が起きたかは覚えていません。 手術で行ったこと ・サイナスリフト/ソケットリフト(レスキューとして埋入:2回法) ・傾斜埋入 ・鼻口蓋管神経の除去 ・GBR ・顎堤形成術 ・All-on-4即時荷重 この症例を基に11月には、重度な症例を持つ患者さんが集まるドミニカ共和国での武者修行に行く予定です。 あべひろ総合歯科では、今回の症例のように難度の高い場合でも何かしらの解決策を見いだし、患者さんにご満足頂けるよう、日々努力しております。他院でインプラントを断られた、など、お悩みがあれば、いつでもご相談ください。 « スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop