三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:10:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

骨が全く無い!

埼玉県三郷市のあべひろ総合歯科、インプラント専門医の阿部ヒロです。

本日は上顎前歯部と、上顎小臼歯部にインプラント埋入を行いました。手術は静脈内鎮静麻酔(セデーション)下で行っているので、患者さんはノーストレスです。

今回の症例、写真を見ての通り、インプラントを入れる場所に骨が存在しません。歯根嚢胞と歯周病のダブルパンチで骨を失ったケースです。本来ならばこうなる前に抜歯して、できるだけ骨を保存しないとならないのですが、多分に患者さんが抜くのをためらったかで、処置を先延ばしにしたものと思われます。あべひろ総合歯科に来院されたときには、もうこの状態・・・。

この場合、十分な知識とスキルを持ち合わせないとインプラント治療ができません。やや長めのインプラント体を使用して、先端部を骨があるところまで伸ばして固定します。その周囲には人工骨をまいてメンブレンでガードします(GBR法)。やや深めに埋入しますが、両隣接の歯根面についた骨を大事にする必要があって、ここから骨芽細胞や血流を確保するので、ここの結ぶラインで骨ができてくるように調整します。

埋入と骨増生とメンブレン設置が終わったら、粘膜で閉じたいのですが、骨のボリュームを増やしているので、このままでは閉じることができません。粘膜直下に減張切開を行い、粘膜が十分に伸張するようにコントロールし、テンションが掛からない状態(テンションフリー)にして緊密に縫合をします。この際、血流を阻害しないような縫合の仕方をしなくてはなリません。また、中の人工骨が漏れたり、出血しないように配慮します。

細かい技術と一つ一つの科学的根拠のある生体治癒を考えて行わなくてはいけない高度な治療です。可能であれば、即時に仮歯を入れてあげたいのですが今回は見送りです。将来使っていくインプラントを、たった3ヶ月待てなくて失敗するのは無意味だからです。

骨が無くてインプラントを断られた患者さん、審美的に治したいと思われる患者さん、前歯は人生にとってとても重要な役割を果たします。

お悩みの方はあべひろ総合歯科までご連絡ください。 « スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop