三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

右下の犬歯・小臼歯部へのインプラント埋入と骨造成(GBR)

埼玉県三郷市のあべひろ総合歯科、インプラント専門医の阿部ヒロです。

今日のインプラント手術では、右下の犬歯・小臼歯部への埋入と骨造成(GBR)(※)を行いました。そしてミニインプラントで入れ歯を回避。かなり顎堤が吸収されており、3番部は頬側の骨が無く、骨造成(GBR)で対処しました。

まずは形成を行い、インプラント体を埋入します。SPIインプラント、直系4.0mm×11mmを2本埋入しました。その後、バイオス0.5gとティッシュガイドを使用して、頬側部分の骨が裂開した部分を増骨しました。ヒーリングキャップを取り付け、人工骨に自己血を混ぜて骨が再生しやすい条件を整えます。十分なボリュームを作り、メンブレンで被覆します。初期固定は2本とも45Nを超え良好でしたが、十分な骨再生を期待するために2回法で行いました

患者さんは入れ歯を嫌がり、でも噛む場所もなかったため、ミニインプラントを入れてそこを基点とし、仮のブリッジを作成。インプラント体が使えるようになるまでの間、ミニインプラントを繋ぎの支えとして使用します。このミニインプラントは暫間的なので、メインのインプラント体(フィクスチャー)が骨結合(オッセオインテグレーション)したら抜去します。このような方法を用いれば隣在歯を削合しなくても仮歯を一時的に入れておくことが可能です。入れ歯も当然ながら不要となります。

歯が無い期間、ミニインプラントを使用することで仮歯を入れ、一時的に機能回復と審美的回復が可能なのです。静脈内鎮静法(セデーション)を行っての手術なので、患者さんにストレスや痛みはありません。処置時間はたったの1時間です。歯が無くてお悩みの方、入れ歯でお困りの方は、是非ご相談ください。

※骨造成(GBR)とは、骨が無い部分に人工骨を盛りつけてメンブレンで覆い、骨を成熟させる方法です。 « スタッフブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop