三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

入れ歯(義歯)

あべひろ総合歯科ではさまざまな入れ歯(義歯)を取り扱っており、それぞれにメリット・デメリットがありますが、最適な入れ歯(義歯)は、口腔内の状況や患者様のご要望等により異なります。

その為、治療に入る前にまず、現状の入れ歯(義歯)に対するお悩みや費用のことなどを、個室のカウンセリングルームにてしっかりとお伺いします。お一人おひとりに合った最適な治療方法を患者様とご相談しながら決め、安心してご納得いただける状態で治療を始めます。

「今の入れ歯(義歯)が合わない」「身体にやさしい入れ歯(義歯)がいい」など、まずはカウンセリングにてお気軽にご相談ください。


義歯・入れ歯について

入れ歯(義歯)には、大きく分けて以下の2種類があり、診療内容や義歯に使用される材料の違いによって生まれる食感・着け心地・費用などの違いで選択されます。

・健康保険適用の「保険義歯」(レジン床義歯)
・健康保険適用外の「自費義歯」(スマイルデンチャー・金属床の義歯・コーヌス義歯・アタッチメント義歯・インプラントオーバー義歯)

また「総義歯(総入れ歯)」と「部分義歯(部分入れ歯)」にも分けられます。歯は1本足らないだけで身体に大きな影響を与えます。入れ歯(義歯)やインプラントで健康的な身体と「噛める」「見た目を気にしなくてすむ」「若返る」などの感覚も取り戻せます。

「レジン床」義歯
保険が適用できる安価な入れ歯で、合成樹脂で出来ており破損時の修理も比較的簡単です。保険適用内の定められた素材で作製するため、「咬む」という機能では問題はありませんが、装着感・見た目・強度では、保険適応外の入れ歯(義歯)のほうが優れています。保険治療と自費治療の金属やオーダーメイドとの差は、「適合」「形」「精度」「適正なかみ合わせ」「歯ぐきとのなじみ」「つける接着剤の強さ」などにあらわれます。

「スマイルデンチャー」義歯
金属バネを使いませんので金属アレルギーの方も心配ありません。軽くて薄く、入れ歯の金具が見えないため違和感が軽減され、ストレスなく人とお話しすることができます。ノンクラスプは従来の部分入れ歯に見られる金属のバネがないので、目立ちにくく、ぐらつきも少なく、また半透明の素材のため大変自然に仕上がります。保険適用の入れ歯(義歯)の金属部分が目立ったり、唇や舌にひっかかるのが気になる方、またブリッジのように歯が欠損している部位の前後の健康な歯を削りたくない方、インプラントによる修復が困難な方(手術が怖い、十分な骨量がない、金額的にもっと抑えたい など)のお悩みをノンクラスプで解決できます。

「金属床」義歯(コバルトクローム合金)
コバルトクローム合金でできている入れ歯は、長年入れ歯用材料として使用されてきた信頼性や実績のある材料です。他の金属床入れ歯(義歯)に比べて強度が弱いため、少し分厚く重くなってしまい、体への優しさにおいては少し劣りますが、金属床の中で一番価格がお手ごろです。熱の伝わりは、他の金属に比べると若干遅いですが、保険のレジン床に比べると断然早く、お食事を美味しくいただくことができ、健康に繋がります。金属が丈夫なので、入れ歯の大きさを、保険のものに比べてずんぶん小さく作ることができます。熱伝導性がよく、食べ物の熱さ、冷たさも、しっかりとお口の粘膜に感じることができます。また、しっかりとした入れ歯で、噛んだときにたわまないので、残っている歯に有害な力が加わりにくい入れ歯〈義歯)です。

「金属床」義歯(チタン合金・純チタン床)
チタンは身体にやさしく、軽く、強度が非常に高いので、装着感が良く、違和感も少ない入れ歯をつくることが可能となります。もともと骨折治療のボルトなど金属体内に埋め込むことが出来るチタンは安全性の高い金属なので、体に害がない安全な金属です。また、口の中ではほとんど金属味がありません。とても強度が強いので破損しにくく、入れ歯を薄く作ることができるので、無意識に感じる重さのストレス解消ができます。プラチナに近い硬さのチタン合金と、金に近い硬さの純チタンがあり、用途に応じて使い分けします。チタン床の入れ歯を使うと丈夫さや快適さに優れ、、総入れ歯、部分入れ歯においても、 自然に近い装着感が得られます。

「金属床」義歯(金:Gold)
食材として仕様されるほど体に安全とされる金(Gold)は、金属の中でも柔軟性のある金属で加工しやすくお口にピッタリ合う入れ歯をつくることができ、お口の中では心地よい接触感です。顎にぴったりと合いやすいです。スプーンをなめたような金属味もなく心地良い接触感です。欠点としては、金は、金属の入れ歯の中でも最も重いので、上顎よりも下顎にて適しています。下顎は重みがあると安定感が得られます。 食事の際も、熱の伝導率が高いため、食べ物の温度がよく伝わり食感がよくなり、いろいろな食べ物も美味しくいただけます。

「コーヌス」義歯
見た目の美しさと快適さが好評。二重のクラウンを使った留め具(金具)のない入れ歯で、クラウンの内側には人工心臓等に用いられる丈夫なソフト樹脂を使っていますので、機能性と審美性を兼ね備えています。いわゆるばねが全く見えない入れ歯(義歯)の一種で、残っている歯に特殊な連結装置を組み込んだ冠をかぶせ、もう一方の連結装置を組み込んだ部分入れ歯(部分義歯)とぴったりと連結させて、入れ歯(義歯)の安定を図ります。ソフトアタッチメントはごく小さな装置でも、しっかりと入れ歯(義歯)を安定させます。 入れ歯(義歯)特有の針金が無いので、患者様には、入れ歯(義歯)を使っていることが分からない点が良いと喜ばれています。

「磁石式アタッチメント」義歯
磁石式アタッチメント入れ歯(義歯)は、残存している歯の状態があまりよくない場合や、歯の数が少ない場合によく用います。歯茎にインプラントを埋入して磁石の一方を組み込み、入れ歯(義歯)にも磁石を組み込んであるため、お口の中で磁石同士がぴったり引き合って、入れ歯が(義歯)がしっかりとおさまります。磁石は残っているご自分の歯に付けることもよく行われます。歯に対して有害な力がかからない、という長所もあるため、磁性アタッチメント入れ歯(義歯)は虫歯や歯周病で弱った歯を入れ歯(義歯)の維持に有効に利用できる優れた方法です。

「インプラントオーバー」義歯
総入れ歯を安定させるために、インプラントを維持装置として使います。固定式ブリッジのインプラントとまではいきませんが、総入れ歯をそのまま使うよりも、取り外し式のインプラントとして入れ歯の安定が得られるため、はるかに快適な食事が可能です。まずは平均2本~4本のインプラントを簡単な挿入手術により行ないます。数日後、仮の入れ歯(義歯)が装着可能になり、1~3ヶ月後には正式な入れ歯(義歯)に取り替えます。患者様の骨の硬さや状態により期間は多少異なります。快適でかつ簡単、直ぐに食事が食べられる優れた入れ歯(義歯)です。
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop