三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜8時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜20時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:30~20:00
  • 土日:9:30~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

フッ素で虫歯予防

フッ素が守る歯の健康とは!?

フッ素はむし歯予防に有効とされ、予防歯科においてはとても欠かせない存在なのです。
歯磨き粉やガムなどのCMでも耳にする機会が多いのではないでしょうか?

むし歯の予防になるのか?
フッ素があればむし歯にならないのか?

フッ素を効果的にむし歯予防に活用するためには、まずはフッ素とむし歯の関係について知ることが大切です。
むし歯にならない「強い歯」を作るにはどうしたら良いのでしょうか?

フッ素はどうして「むし歯」予防にいいの?

1 初期むし歯を治す(再石灰化の促進)

食事をすると、歯に含まれるカルシウムやリンなどのミネラルが酸によって溶け出す「脱灰(だっかい)」がおきます。しかし、通常ではその後唾液が働いて、溶け出した歯の成分をもとの状態に戻していきます。この働きを「再石灰化」といいます。
実は口の中では、脱灰と再石灰化が常に続けられており、再石灰化が間に合わなくなると脱灰が進み、むし歯になってしまうのです。
そして、この歯の再石灰化を助けるのがフッ素です。唾液中にフッ素イオンが存在していると、溶け出したカルシウムがより多くエナメル質に再吸収されます。フッ素は再石灰化を促進し、歯の修復を促すのです。
中等度に近い初期~重度のむし歯ではもう再石灰化では修復できないため、削って詰める治療をしなければむし歯は進行していきますが、初期むし歯の中でもごく初期であればむし歯をこの段階で治すことができます。
この段階でむし歯に気がつけるよう、定期的に歯科医院で予防ケアや健診を受けることも大切です。

2 歯が強くなる

歯の再石灰化にあたり、フッ素は歯の表面のエナメル質と結びついて、フルオロアパタイトという硬い構造を作り上げます。
この働きにより、ミネラルが溶け出ししにくく、むし歯になりにくい強い歯を作ることができます。

3 むし歯菌の活動を抑制する

フッ素はむし歯菌の活動を抑制する働きを持っています。むし歯菌の出す酸の量を抑えることができるので、酸により歯を溶かされることがなくなり、むし歯を予防することができます。

乳幼児・お子様への効果

生えたての乳歯や生えたての永久歯は、歯の質が弱く脱灰が早くむし歯になりやすいため、フッ素を塗ることで再石灰化を促し大きなむし歯予防効果が期待できるといわれています。
お子様のむし歯は、成人の方の歯よりもデリケートでやわらかく、一度むし歯になってしまうとあっという間に神経にまで到達したてしまいます。定期的に歯科医院でフッ素を塗布し、むし歯をしっかりと予防してあげましょう。
一度むし歯になると、口の中にむし歯の原因菌が増え、将来の永久歯でもむし歯リスクが高まります。
近所のお子様でむし歯が1本もない方はいませんか?
逆にいつもむし歯治療をしている方もいませんか?理由はココにあるのです。

成人への効果

歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯ぐきが痩せてしまい、普段なら歯ぐきで覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質はエナメル質よりも弱くむし歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合にはフッ素を塗ることでむし歯のリスクを下げることに役立つとされています。

フッ素の注意点

むし歯になりやすい方は生活習慣も見直す

フッ素を塗っても、歯磨きがきちんと出来ていない場合や、食事をダラダラと食べ続ける習慣がある場合にはむし歯になる可能性があるため注意が必要です。
むし歯は「歯の質の問題」「お口の中の細菌」「糖分の取り方」「食べ物が口の中に停滞する時間」が重なることで発生します。
フッ素を積極的に取り入れることで「歯の質の問題」と「お口の中の細菌」のむし歯に対する抵抗性を強化することができます。
これに加えて、食事やおやつの摂り方と適切なブラッシングをきちんと行い続けることにより、効果的なむし歯予防に繋がるのです。

変色や知覚過敏症の悪化などの可能性がある

フッ素の種類(フッ化第一スズ)によっては、歯に着色や変色を起こす恐れや、知覚過敏症を悪化させる恐れがあります。
なお、歯科医院によって使用するフッ素の種類は異なりますので、そのフッ素を使用することでどんなことが起こるのか、ご自身にとっての悪影響が無いかをしっかりと歯科医師に確認を取ってから治療を受けるようにしましょう。

過剰摂取に注意する

一度に多くのフッ素(体重1キロあたりに2mg以上)を飲み込んでしまった場合は、吐き気や嘔吐などの急性中毒を生じることがあります。しかし、歯科医院で受けるフッ素塗布では、急性中毒が起こらない範囲の量を用いているはずなので基本的には心配要りません。だからこそ、プロのケアが必要となる歯科医院での塗布が効果的なのです。

毎日のケアが必要

口内が常に中性であれば、歯の脱灰は起こりませんが、脱灰と再脱灰は1日の中でもめまぐるしく変化しています。
初期むし歯が出来てしまっても、フッ素の活用やその他のケアにより再石灰化しやすい状態を作り出せれば修復することができます。
初期むし歯が修復されるまでには半年~1年程度の時間がかかるといわれています。その意味では、歯科医院での定期健診が半年に1回以上が望ましいというのも理にかなっているといえます。初期むし歯は見つけにくいため、歯科医院での検査で早期発見することも大切です。

フッ素の安全性について

フッ素とはどんな成分?

フッ素とは元素記号「F」で表される元素で、単体分子は常温では気体です。空気よりやや重い物質ですが、このフッ素の元素自体はガラスやプラチナをも溶かす強い性質を持った物質です。「フッ素でのむし歯予防処置は危険」というイメージをお持ちの方も、この性質からそのように思っている方も少なくはないでしょう。

自然界に存在するフッ素

そんなフッ素ですが、単体では存在することができません。複合体としてのフッ素は土、川、海、動物、植物などの地球上のありとあらゆるところに含まれていて、地球上に暮らす生物はみなフッ素を取り込んで生きています。

また、フッ素はほとんどの食品にも含まれるミネラル成分の一つとしてとても身近なもので、魚介類や野菜、肉、牛乳、塩、お茶の葉っぱなど、ビタミン類のように毎日摂取しなければならない必須の栄養素として位置づけられているのです。
毎日の食事を意識して、フッ素が含まれている食事を積極的に摂るようにしましょう。

歯に塗るフッ素は“フッ化物”

私たちがむし歯予防に使用しているフッ素とは、強い性質の単体のフッ素とは異なり、フッ素をその構造内の一部に持つ化合物である「フッ化物」です。フッ化物には、フッ素のような毒性はありません。
さらに「フッ化物」の使い方や、フッ素の量・濃度には制限もあります。通常、むし歯予防やケア用品に使用されているレベルの「フッ化物」は、使用方法や用量さえ間違えなければ人体に悪影響を及ぼすことはないので安心です。

むし歯予防に用いるフッ化物による人体への悪影響は心配ない

これらのことから、むし歯予防に使われているフッ化ナトリウムなどの「フッ化物」が、人体に悪影響を与える心配はないでしょう。
もちろん、歯科医院で歯科医師の指導のもと、用法・用量を守って正しく使用することは大前提ですが、むし歯予防にフッ素を取り入れることについて、そこまで神経質になる必要はないので安心して良いでしょう。
逆に市販のフッ化物配合のものよりも、適正に使用できることも歯科医院でのケアが有効と言えるでしょう。

歯科医院でのフッ素塗布

3ヶ月~6ヶ月に一度の塗布がおすすめ

むし歯予防のためのフッ素塗布には、低濃度のフッ素を自宅で塗布する方法と、高濃度のものを歯科医院で塗布する2種類の方法があります。
歯科医院でのフッ素塗布は3ヶ月~6ヶ月に一度、定期的に通院して受けるのがオススメです。定期的に通院してフッ素の塗布を受けることで定期健診も兼ねることができますので、ご自身の歯の健康のためにとても大切です。

フッ素は何才から始めて良い?

フッ素塗布は、歯を強化する働きもあるため、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんにも有効なむし歯予防ケアです。
また、生えたての乳歯や生えたての永久歯など、生えたての歯はとてもデリケートなため、フッ素を塗布することでデリケートな歯をむし歯から守ることができます。

なぜ歯科医院でのフッ素が有効なの?

フッ素は飲み込んでしまった場合に吐き気や嘔吐が生じることがあります。また、市販の物は成分が少ないなど正しいケアができないことがあります。
有効なフッ素ケアはプロによる正しい方法が必要不可欠です。

フッ素塗布の流れについて

歯科医院でのフッ素塗布では、まず歯のクリーニングを行い、歯の表面をフッ素が取り込まれやすい状態に整えるところから始めます。
そのあと、フッ素を綿棒などで歯の1本ずつに塗布する歯面塗布法、フッ素剤を入れたマウストレーを5分ほど装着するトレー法、フッ素を含むトレーやコットンを口に含んだまま、電流を流してイオンの力でフッ素を歯に付着させるイオン導入法などでフッ素を塗布していきます。
フッ素塗布後には、その働きを引き出すために30分から1時間は飲食やうがいなど、お口の中に物を入れことは避けましょう。

自宅で行うフッ素塗布

フッ素入り歯磨き粉はすすぎを軽く

普段自宅で使用する歯磨き粉をフッ素入りのものに帰るのも、むし歯予防には効果的です。
近頃の歯磨きにはほとんどにフッ素が配合されていますが、念のために購入時には製品の成分表を見て「モノフルオロリン酸ナトリウム」「フッ化ナトリウム」と記載のある歯磨き粉を選ぶようにしましょう。
また、フッ素の効果をよりしっかりと得るためには、歯磨き粉を若干多めに使用し、すすぎは軽く済ませるのがポイントです。

使いやすく効果も高いジェルタイプ

フッ素配合ジェルを歯磨き時に塗布することで、むし歯予防効果が期待できます。
ジェル状なので、フッ素が歯の表面にとどまりやすく、よりフッ素の効果が発揮されるからです。
お子様の場合は、仕上げ磨きの際にお父さんお母さんが適量を塗布してあげると良いでしょう。

手軽なフッ素洗口液

手軽なフッ素洗口液は、寝る前の使用が特におすすめです。しかし、お子様のマウスウォッシュの使用は危険な場合もあるため成分や商品選びは慎重にしましょう。
アルコールや一部刺激の強い薬用成分を配合したものを使用することさえ避ければ、フッ素入りのマウスウォッシュはむし歯予防効果を期待できるためおすすめです。

フッ素についてのよくある質問

Q.むし歯を予防するには毎日どのくらいのフッ素が必要?

むし歯予防に使用されるフッ化物の適量は、年齢や体重により異なりますが、米国政府の食品栄養局では、歯の健康を保つために必要なフッ化物の1日あたりの適正摂取量を体重1キロあたり0.05㎎としています。
また、健康に悪影響を及ぼすことのない1日の摂取許容上限レベルは、小児から8歳までが体重1キロあたり0.10㎎で、それ以上となる9歳~成人では歯のフッ素症の心配がないので体重に関わらず1日10㎎としています。

Q.フッ素塗布の際、必ず歯の清掃は必要ですか?

いいえ、フッ素塗布の際に、歯の清掃が不可欠というわけではありません。フッ化物のむし歯予防率は、歯垢があってもなくても効果は同じく有効です。
清掃が困難な歯面、隣接面や咬合面においてもフッ化物による効果は確認されています。塗布したフッ化物は、すばやく歯垢中にしみ込み、多くはフッ化カルシウムとして貯蔵され、甘いものを食べたり飲んだりすることで口内が酸性に傾いてう蝕リスクが高くなると、歯垢中のフッ化カルシウムは解けていき、フッ化物イオンとなり、むし歯予防のメカニズムが活発になるからです。

Q.フッ化物が足りないからむし歯になるのですか?

フッ化物の量が不足すると、むし歯の発生リスクが上昇します。
一般に、細菌性疾病にかかる原因としては病原菌の作用、宿主要因(人の免疫などの抵抗力)および環境要因の3つで説明されます。
むし歯の発生は、むし歯原因菌の存在が必要条件となり、発生のための十分条件となる歯のむし歯へのなりやすさと唾液の性質、むし歯菌のエネルギー源にかかわる条件によって決まってきます。
その場合にフッ化物を塗布すると、歯のむし歯へのなりやすさという条件を低下させることができるため、むし歯を予防することができます。
そのため、生体での石灰化にはフッ化物の存在は不可欠であり、フッ化物が足りないことはむし歯の原因になるといえます。

Q.フッ化物にはむし歯予防以外に有益な作用はありますか?

栄養的に見ればフッ化物はミネラル(無機質)の一つです。フッ化物は、カルシウムと同じように人の歯と骨の構成成分(構成素)であり、歯や骨の石灰化度を調整する働きがあります。したがって、むし歯予防以外にも骨に対して有益な作用があるといえ、適量のフッ化物の摂取によって骨折や骨粗鬆症が予防できるのです。
また、大動脈の石灰化を予防する作用もあり、結果的に冠動脈疾患(心臓疾患)による死亡率が低下するという報告があります。
また、適量のフッ化物を摂取する人は骨折が少ないということが最近の疫学研究でわかりました。これらのことから、フッ素はむし歯以外でもさらに広い分野で注目されています。

Q.フッ化物配合の歯みがき粉はどのくらい効果がありますか?

フッ化物配合の歯みがき粉の効果ですが、単独応用で臨床試験を行った場合のむし歯予防率は約20~30%です。
しかし、各試験の研究機関、対象年齢、研磨剤の種類などの条件により、むし歯の予防効果には差が見られます。長期継続して初めて効果的な数値が得られることが特長のため、フッ化物配合の歯みがき粉の使用は毎日続けるようにすると良いでしょう。

  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)

歯科医師・歯科衛生士募集 歯科衛生士 募集 歯科医師 募集

あべひろ卒業生から推薦の声
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
  • 正しいデンタルフロスの使い方
  • 舌の病気・トラブル
  • スポーツや歯ぎしりから歯を守るマウスピース
  • 歯のプロお奨め!ソニッケア
  • 噛み合わせでお悩みの方へ
pagetop