三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

All-on-4(オールオンフォー)旧版

All-on-4(オールオンフォー)とは

噛む機能と審美性を、たった1日の治療で回復できる!
それがAll-on-4(オールオンフォー)です!

  • 総入れ歯をお使いの患者様
  • 多くの歯をなくした患者様
  • 骨が足りないと診断され、他院などでインプラント治療を断られた患者様

すなわち歯が一本もない、または無くなりそうな方に最適な治療が「All-on-4」(オールオンフォー)なのです。

「All-on-4」(オールオンフォー)は、これまで総入れ歯を使うしかなかった患者様や、骨が足りなく他院で治療を断られた患者様にお勧めの最新のインプラント手術法です。

「All-on-4」(オールオンフォー)は、埋め込むインプラントの数が最少なら4本で済み、また骨の移植などの手術も必要ないため、患者様への負担がこれまでの手術に比べて小さいことが一番の強みです。

抜歯からインプラントの埋入、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能であるため、これまでお使いの入れ歯などが手術当日まで使え、手術の日の夜には埋入したインプラントに支えられた仮歯で食事をすることすら可能です。

これまでのインプラント治療だと、歯の無いところに一本一本インプラントを入れていましたが、この治療法では完治までに時間を要し、手術の回数も多くなるので身体に対する負担・ダメージ(生態的侵襲)が大きくなりがちです。しかし、「All-on-4」(オールオンフォー)では、まったく新しいコンセプトのインプラント術式が採用されたことで、埋入するインプラントの本数も少なく済み、従来の治療法に比べて治療コストを低減でき、成功率も高い究極の治療法となりました。

他院で施術が難しいということで断られていた患者様、身体的・コスト的負担の大きさが気になってインプラントに踏み切れなかった患者様にとっては、まさに救いの一手と言えるでしょう。

あべひろ総合歯科がAll-on-4(オールオンフォー)をお勧めする理由

安全・安心で患者様の負担が少ない最新の治療法

これまでのインプラントは、歯がほとんど残っていないケースにおいて、多い時は10本以上のインプラントを埋入する必要がありました。さらに、骨が少ない方には、骨移植やサイナスリフトのような患者様に負担が大きい治療法も併用する必要がありました。
All-on-4(オールオンフォー)では、最少4本のインプラント埋入で済み、また骨移植なども不要なのでこれまでに比べ、患者様の手術での負担が少なく済み、安全なのです。

手術の日には食事ができる!即日インプラント

ほとんどのAll-on-4(オールオンフォー)では日帰りで行うことができ、手術当日まで総入れ歯を使い、手術後は新たな人工歯で食事をすることが可能です。

写真は、あべひろ総合歯科で実際にAll-on-4(オールオンフォー)の施術を受け、食べたかったカリントウをその日のうちに頬張りながらの記念撮影!

総入れ歯の人に最適な理由

これまでは歯全体を治療する場合、多数のインプラントを埋め込まなければなりませんでした。患者様によっては10本以上のインプラントが必要になることもあり、手術の費用・回数が大きな負担でした。しかし、「All-on-4」(オールオンフォー)は4本のインプラントで済み、治療も短期間で(早ければ手術当日にインプラントの歯で食事も可能)価格も大幅に節約することができます。

骨量が少ない人に最適な理由

インプラントを埋め込む骨の量が少ない方には、今までは骨量を増やすための別の手術を行い、その後インプラント手術を行っていました。しかしAll-on-4(オールオンフォー)は上顎洞同士の間など、骨量が多い場所に埋め込むため、骨移植などの必要もなく治療を行うことができます。

全ての歯を失ってしまったら?または、失ってしまいそうなら?

全ての歯を失った場合、または失いそうな場合。そのような状況だと、当然ではありますが

  • 満足に食事ができない
  • 見た目が良くない
  • 話すこともままならない

などなど、いわば五感の一部を失うに等しいわけですから、日常生活がままならないばかりか、仕事も手につきません。食べられない、仕事にならないということは社会的信用を大きく失するだけでなく、身体全体の調子も悪くしてしまうでしょう。

もし、All-on-4(オールオンフォー)で即日対応することができたならば・・・。思い浮かべてほしいのです。地獄の状態からまさに天国へ行くにも等しいくらいの出来事になるはずです。現に、あべひろ総合歯科ではそのような患者様にAll-on-4(オールオンフォー)を施術することで、天国へ行く気持ちを数多くの患者様に味わっていただきました。

地獄の生活 vs All-on-4(オールオンフォー)で天国気分

  • 条件さえ整えば、すぐAll-on-4(オールオンフォー)で仮歯まで入れる
  • 歯を失いそうな場合、生活に支障が出ないよう配慮し、All-on-4(オールオンフォー)をする
  • 骨の増量を避け、少ない費用で最大限の効果をAll-on-4(オールオンフォー)で得る

あべひろ総合歯科では、患者様の現状に合わせてどの方法が一番良いか? どのタイミングが一番困難少なく施術できるかを考えて治療計画を提示致します。お悩みの患者様は是非ご相談ください。迷っている時間だけお口の状況を、そして人生のゆくえを悪くしてしまいます。

問い合わせ 電話 フォーム

All-on-4(オールオンフォー)のメリット

All-on-4(オールオンフォー)には、以下のようなメリットがあります。
  • 施術当日には食事・会話ができる
    歯がない期間がないため、施術当日には簡単な食事を摂ることができ、また支障なく会話をすることができます。
  • 食事の際に違和感がない
    総入れ歯使用時における、食べ物の味や温度をほとんど感じられない、噛みにくい、食べカスが歯茎と入れ歯の間に挟まる、入れ歯がずれる等の違和感がなく、自歯同様に食事を楽しむことができます。
  • 経済的負担が少ない
    最小限のインプラント(4~6本)埋入で済むため、経済的な負担を抑えることが可能です。
  • 腫れ・痛みが少ない
    最小限のインプラント(4~6本)を骨のある部分に埋め込むだけで済むため、手術時間が短く、身体的負担も軽く、腫れや痛み等を軽減できます。
  • 骨が少ない方でも施術できる場合がある
    多くの患者様は骨が残っていることが多く、また、骨質が良い前方の顎の骨にインプラントを傾斜状に埋入するので、骨量が不足している場合や骨が薄い場合でも骨移植や骨造成を行うことなく治療できます。
  • 見た目が美しい
    歯茎の膨らみも人工歯で再現できるため、審美的にも美しく仕上がります。

もし骨造成した場合(All-on-4(オールオンフォー)との比較)

  • 手術回数が増える
  • 埋入する部位ごとの処置になるので、費用が割高になる
  • 腫れと痛みが出るリスクが高まる
  • 感染のリスクが増える
  • 長期予後の成功率が下がる
  • 歯の部分となる上部構造が入るまでに6か月ほど掛かる

などが挙げられます。

All-on-4(オールオンフォー)は全ての歯を失った患者様、または失ってしまいそうな患者様が対象ですので、歯が複数本残っている患者様や、出来るだけ保存を希望される患者様に対してはご要望に添えるよう治療方法を提示致します。自歯を残すことが可能であれば、歯科医師である以上は自歯の保全に全力を尽くします。まずはCT検査と歯周病の状況、噛み合わせの確認をしましょう。

問い合わせ 電話 フォーム

columnDr.パウロ・マロとAll-on-4(オールオンフォー)


Dr.パウロ・マロ
ポルトガルのリスボンで開業
マロ・クリニックとして全世界にその名をとどろかせ、大学病院顔負けともいえる世界最大級の歯科クリニックビルを所有。All-on-4(オールオンフォー)は全世界で施術されており、マロ・クリニックも世界各国で多角展開され、ノーベルバイオケア社のインプラントを扱う、技術ある歯科医院と提携を結んでいます。あべひろ総合歯科は、日本では数少ないマロ・クリニックの提携医院です。

家族の歯を治そうと志した幼少年時代を経て宇宙工学や建築設計を学んだ後、歯科医師になりました。生体力学とバイオロジーに着目し、研究と臨床で失敗を経験しながらAll-on-4(オールオンフォー)という治療方針とそのエビデンスを確立させます。その後、臨床の幅や経験、研究の蓄積もあって幅広い症例に対応できる万能型インプラント技術として発展させています。
All-on-4(オールオンフォー)とは、基本的にノーベルバイオケア社のインプラントデザインとその性質によって確立されています。ノーベルバイオケア社のインプラントを使わずして、その処置をAll-on-4(オールオンフォー)と呼ぶことはできません。


All-on-4(オールオンフォー)は非常に難しく難易度の高い治療方法です。一歩間違えると望ましからぬ結果につながりますので、慎重に歯科医院を選ばれることをお勧めいたします。充分な経験を持ち、技術研鑽を積んでいる事、そしてノーベルバイオケア社の製品を使うことが絶対条件となります。

問い合わせ 電話 フォーム

あべひろ総合歯科のAll-on-4(オールオンフォー)への取り組み

インプラント認定専門医の阿部ヒロが勤務医時代より研鑽を積み10年以上前から導入して実践してきた経緯があります。All-on-4(オールオンフォー)の専門研修だけでも10回以上受講しています。また、国内屈指の症例数を誇る指導医とのコラボレーションのみならず、Dr.パウロ・マロからの直接的な指導も受け、ついにマロ・クリニックとの提携を認められるようになりました。過去何十回という手術と補綴処置の中で、All-on-4(オールオンフォー)を最終的に失敗したケースはただの1例もありません。

年齢を気にしてインプラントを諦めている患者様も多くおられますが、基本的にインプラント治療が年齢に左右されることはあまりありません。過去に最高94歳の方に行い無事現役時代の若さと活力を取り戻した患者様もいます。余命わずかで悪性腫瘍の治療や放射線治療を行っている方にも行った経緯があります。もちろん必ず成功するわけではないのですが、失敗で命にかかわることではありません。

放射線治療や特殊な薬剤においてはインプラントと骨の生着が悪いことが多いので成功率が下がる傾向にあります。しかし入れ歯で食事ができなく終末期を迎えようとしている患者様の気持ちをないがしろにはできません。全力を持って対応させていただきました。無事成功し余命も伸び、好きな生活をして家族に見送られたそうです。ご家族もとても喜んでおり、チャレンジしてよかったなと心から思いました。All-on-4(オールオンフォー)を行う患者様の想いやそれまでの経緯は皆様々ですが、一つだけ言えることがあります。みなさま“やってよかった”と言って頂けました。

思い悩まれている方はご相談くださいませ。あなたのお役に立てる可能性があります。

公認学歴

東京歯科大学大学院 卒
チューリッヒ大学公認研修 修了
ハーバード大学公認研修 修了
ペンシルバニア大学公認研修 修了
UCLA(カリフォルニアロサンゼルス校)公認研修 修了
ミシガン大学公認研修 修了
香港大学公認研修 修了
現在、ニューヨーク大学大学院在籍

所属学会・研究会など

日本口腔インプラント学会
国際インプラント学会(ICOI)
International Dental Implant Association(IDIA)
International Piezosurgery Academy(IPA)
European Association of Osseointegration(EAO)

ライセンス

ASTRA認定医
Nobel Biocare認定医
Zimmer認定医
Screw-Vent認定医
SwissPlus認定医
International Dental Implant Association(IDIA)インプラント認定専門医

問い合わせ 電話 フォーム

1日で仮歯まで入る仕組み

All-on-4(オールオンフォー)の特徴の一つ、
「手術をしたその日に歯が入る」ことを即時荷重と言います。即時荷重にはいくつかの条件があります。

  • インプラントが骨の中で安定している事(骨質に左右されます)
  • 施術する歯科医師が充分な経験を有していること
  • ノーベルバイオケア社のインプラントを使用している事
  • 歯科技工士との連携がされており、その場で歯を作ってくれる人がいる事
  • 事前に、残存歯の歯周病と噛み合わせを改善しておく事
  • 歯が全くない患者様は、入れ歯を新しく作っておく事

通常は事前に仮歯を準備しておきます。歯茎や骨の状態が安定していれば手術はすぐに可能です。手術時間は症例によりますが、おおよそ2時間。その後歯型やかみ合わせの採得を行って歯科技工士が調整作成します。何度か試適を行い、おおよそ3~4時間後に完成します。完成した仮歯を口腔内に装着し、その日はおしまいです。

固いものでなければ、その日の内からお食事も可能になります。見た目もかみ合わせも、発音もそれなりに回復します。仮歯に慣れ、4か月後最終上部構造の作成に入れば状況は非常に良くなっていきます。

興味のある方、今すぐ噛める歯が欲しい方、入れ歯から解放されたい方

問い合わせ 電話 フォーム

All-on-4(オールオンフォー)の治療の流れ

あべひろ総合歯科では、All-on-4(オールオンフォー)の治療を通常、以下の流れで行っています。
1回目の来院

カウンセリング、お口の中の検査、レントゲン写真撮影、CT撮影および治療内容や治療計画のご説明を致します。
2回目の来院

お口の中の型を取り、噛み合わせを確認し、手術当日に装着する仮歯の型取りをします。
3回目の来院(手術当日)

  1. お口の中の型を取り、噛み合わせを確認し、手術当日に装着する仮歯の型取りをします。
  2. 歯科衛生士によりお口の清掃を行います。抜歯が必要な場合は抜歯をします。
  3. 麻酔専門医による手術前のカウンセリング及び麻酔を行います。
  4. 手術を開始します。
    手術は執刀する歯科医師の他、歯科衛生士等の4名体制をとります。
  5. 手術が終了します。
    手術後は、しばらく安静にお休みして頂きます。
  6. 患者様のお口へあらかじめ作製しておいた仮歯を入れ、歯科医師と歯科技工士により調整を行います(お口の状態によっては仮歯の装着が手術翌日以降になる場合もございます)。当日にご帰宅できます。
4回目の来院(手術約1週間後)

抜糸を行います。
5回目の来院(手術約1ヶ月後)

最終的な型取りを行います。
6回目の来院(手術3~6ヶ月後)

仮歯を最終ブリッジと交換します。

※上記の流れは一般的なものであり、患者様によって治療の期間や内容が異なることがございます。1回目の来院時に行うカウンセリング、また都度の来院時に担当歯科医師より詳しい内容のご説明をさせて頂きます。不安なことや疑問点があれば遠慮なくいつでもご相談ください。

All-on-4(オールオンフォー)の長期予後

All-on-4(オールオンフォー)を長く快適に使い続けるためにはメンテナンスが必要です。そのメンテナンスには以下の二種類があります。

自宅で行うセルフケア
まず、毎食後および就寝前に歯ブラシを使って人工歯の部分にブラッシングを行い、口腔内を清潔に保ちます。この際、毛の硬い歯ブラシを使うこと、力いっぱい歯を磨くことは避けて下さい。人工歯を傷つけたり歯茎が削れてしまい、口腔内の汚れが残りやすくなってしまいます。歯ブラシはペンを持つように持ち、力を入れずに歯と歯茎の境目や歯と歯の間をマッサージするように一本一本優しく丁寧に磨きましょう。
次に、歯垢が付きやすい人工歯や人工の歯茎とご自身の歯茎の間およびインプラント周辺を、歯間ブラシやデンタルフロス等の清掃用具を使って綺麗にします。ここで使用する歯間ブラシは、ウレタンでワイヤーがコーティングされているものを使用してください。ワイヤーがむき出しになっているものだとインプラントに使われているチタンが傷ついてしまうからです。
さらに、細いノズルから水を噴射させることで歯磨き等では落としきれない歯垢や 食べカス等の口腔内の汚れを落す口腔洗浄器や音波歯ブラシ等の水流で口腔内を洗浄し、歯周病の原因となる細菌を洗い流します。このようにAll-on-4(オールオンフォー)施術後のメンテナンスは、入れ歯のケアよりは手間がかからず、天然の歯のケアより多少手間がかかる程度です。担当の歯科医師や歯科衛生士から正しい口腔内の清掃方法について指導を受けた上で、ご自身にとって最適な歯科クリーニング用具を教えてもらい、正しい手順で毎日手入れをしましょう。

あべひろ総合歯科で行うデンタルケア
あべひろ総合歯科で施術のAll-on-4(オールオンフォー)には保証がついていますが、定期検診を受けないとその保証を受けることができなくなります(保証内容については、担当の歯科医師・歯科衛生士にご確認ください)。定期検診の頻度は患者様毎に異なりますが、通常は人工歯の装着後1ヶ月後に1回目の検診を受けて頂きます。その後の1年間は4ヶ月に1回の検診、2年目からは6ヶ月に1回の検診を受けるようにしましょう。
あべひろ総合歯科でのデンタルケアは、口腔内全体の歯や歯茎等のチェック、噛み合わせのチェック、インプラントのチェック、インプラント周辺の骨の結合状態や炎症が起きていないかのチェック等を行います。また、All-on-4(オールオンフォー)の上部構造を取り外した上で点検、調節、清掃等を行います。さらに、汚れが多く残っている箇所があった場合には、口腔内清掃の改善方法を提案させて頂きます。これらのケアを続けていくことで、長期に渡って安定した使用が可能となりますので、是非ともケアの継続をお願い致します。
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop