三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

混合歯列期の矯正治療

埼玉県三郷市のあべひろ総合歯科、矯正専門医の澁田です。

歯の生え替わりには順序があり、その順序には機能的な意義があります。20本全ての乳歯が生え揃った後、6歳頃には乳歯より奥に第一大臼歯が生え始め、前歯も生え替わります。その後、犬歯や小臼歯が生え、全ての乳歯が生え替わり、12歳頃に第二大臼歯が生えることが一般的です。

乳歯と永久歯が混在している時期(混合歯列期)は、前歯と奥歯が顎骨の前後・垂直・側方への成長に作用し、また咬み合わせを構築することで、食事をする咀嚼(そしゃく)や声を出す発音にも影響する、とても大切な時期です。生え替わりの順序に異常があったり、歯の形態や本数などの異常があったりすることは、決して珍しいことではありませんが、早期に治療をしておくことが悪影響を最小限にできる場合があります。

混合歯列期の矯正治療は、永久歯が適切な時期に適正な位置へ生えるように誘導したり、咬み合わせを適正な位置に誘導したり、顎骨の成長・発育コントロールなどをしていきます。また、習癖(しゅうへき、くせ)の除去や舌の正しい位置づけ、口腔周囲筋の訓練が必要な場合もあります。そのため、ご本人やご家族のご協力のもとでアプローチしていくことが欠かせません。

 
CTにより犬歯の位置異常が判明し、
乳犬歯抜去後に矯正治療を必要とする症例
  舌が前に出る癖(舌突出癖)があり、開咬症(前歯が閉じない)を治療する際に使用する装置一例。舌が前歯を押さないように、舌側に柵が付いています。上顎に装着したり、舌の機能訓練などにより、開咬症の早期治療を行います。
« 矯正ブログ一覧へ
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop