三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:10:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

口腔癌検診

口腔癌は早期の発見・治療が何より重要です!
年に1度は口腔癌検診・口腔健診を受けましょう!

口腔癌検診・口腔健診とは

口腔癌は早期発見・治療ができれば命を落とすケースは少ないのです。口腔癌検診では、患者さんの口腔内を隅々までチェックします。口腔内をすべてチェックすることにより、本人が自覚できていない病変等を見つけることが可能です。また、口腔癌は発見が遅れると患部を大幅に切除する必要があり、そういった症例では発音や発声に障害が残ってしまうことが多々あります。しかし、早期発見・治療できれば切除範囲が限られるため、障害は残らない場合が多いのです。口腔癌は慢性的な刺激から発生する場合が多く、発症してしまう前にその要因を発見し取り除くことが重要です。

問い合わせ 電話 フォーム

日本の死亡原因1位は「癌」です!

口腔癌とは

近年、日本では2人に1人が癌にかかり、3人に1人が癌で亡くなっています。まさに「癌は日本人の国民病」と言っても過言ではないでしょう。医学の進歩により年々、生存率も改善されてきていますが、それでも「癌」と診断されたら誰しも動揺し、不安な気持ちになります。

そもそも癌とは、どのような病気なのでしょうか?
私たちの体は約60兆個の細胞から構成され、それら細胞が分裂を繰り返すことで新しく生まれ変わっています。細胞1つひとつにはDNA(遺伝子)が1組ずつ入っていて、細胞の働きをスムーズに行えるようコントロールしています。このDNAが傷つき突然変異を起こすと、異常な細胞が発生して癌化すると考えられています。

年々増加する、口腔癌で亡くなる患者

口腔癌は口腔内に発生する癌で、歯以外のどこにでも発生する可能性があります。舌癌、歯肉(歯ぐき)癌、口腔底(舌の下)癌、頬粘膜癌、口蓋癌、口唇癌があり、そのうち日本人に一番多いのが舌癌(約60~70%)といわれています。
ご存じない方は「口腔内にも癌ができるの?」と驚かれるかもしれません。それだけ口腔癌は認知度が低いのですが、頭や喉にできる癌の中では、喉頭癌に次いで多いのが口腔癌なのです。日本における口腔癌に罹患した患者は1975年には2,100人でしたが、2005年には6,900人、2015年には7,800人になると予測されています。これは、癌全体からすれば約1~2%と低い数値ですが、全頭頸部癌の約40%を占めています。口腔癌の男女比では3:2と男性に多く、年齢層では60歳代に最も多い癌なのです。高齢化に伴い、口腔癌に罹患する患者数も増加の傾向にあります。

口腔癌の症状

口腔癌の初期は自覚症状がほとんどありません。痛む、食べ物や飲み物がしみる、違和感がある、首のリンパ節が腫れる、なかなか口内炎が治らない、といった症状が出てきたときは、すでに癌が進行している状態なのです。目に見える症状としては、舌や粘膜の変色があります。ほかにも、しこりがある、ざらざらした突起・潰瘍、口の中の痛みしびれ感、物が噛みづらい、飲み込みにくい、話しづらい、顎や舌を動かしにくいなどの症状が現れます。

舌癌

歯が欠けたりむし歯になったりして尖った部分がある、詰め物や被せ物の不適合、入れ歯が合わないなど、舌に慢性的な刺激が加わると、口腔癌を発症する場合があります。初期段階では潰瘍やびらんができますが、進行するにつれて、食事のときにしみる、歯ブラシが当たって痛むという自覚症状が現れてきます。さらに進むと、食事をするのが困難になる、言葉が発音できないなどの障害が起こり、癌が舌のつけ根や咽頭部に達すると舌を動かせなくなることもあります。
潰瘍型の舌癌 白い“できもの”ができた舌癌 隆起した症例の舌癌

歯肉癌

歯肉癌の多くは上顎より下顎に発症することが多く、奥歯の近くにみられます。初期段階では歯肉が腫れるくらいで、強い痛みはありません。進行すると潰瘍やしこりができ、腫瘍が大きくなって表面がカリフラワー状に盛り上がり、出血がみられます。腫瘍が下顎の神経まで進行すると、下唇の麻痺や歯の傷みを感じることがあり、むし歯と勘違いして放置した結果、治療が遅れるケースも報告されています。癌が咽頭部にまで広がると、顎を動かしにくい、口が大きく開かなくなるといった症状が出ます。
赤くただれた歯肉癌 潰瘍タイプの歯肉癌 隆起した症例の歯肉癌

口腔底癌

口腔底は舌の下の部分にあたり、癌は前方で多く発症します。タバコと飲酒が大きく影響していると言われ、近年では女性の口腔底癌が増えている傾向にあります。初期段階では小さな潰瘍ができる、粘膜が変色して白斑がみられる、充血による紅斑が生じる、などがあります。ほとんど痛みを感じないため、かなり進行してから気が付く、というケースも少なくありません。癌が周囲の組織に浸潤して舌や歯肉、下顎骨にまで広がっている場合があります。

左の写真は、口底が深くえぐれた口腔底癌です。

頬粘膜癌

上下の臼歯の周辺粘膜、口角の後ろなどに発生しやすく、詰め物や被せ物の不適合、合わない入れ歯による刺激、タバコや飲酒などが原因と考えられています。初期段階は小さな潰瘍やびらんがみられますが、特に目立った症状はありません。進行すると顎下リンパ節や上内深頚リンパ節に約50%の確率で転移します。触ったとき、粘膜の下にしこりやふくらみ、痛みを感じることがあります。

左の写真は、頬粘膜に“できもの”ができた頬粘膜癌です。

口蓋癌

上顎に発症するもので、タバコや飲酒、刺激物(辛い食べ物など)が要因と考えられています。初期段階では痛みはほとんどありません。進行すると、粘膜の表面が白っぽくなる、赤い斑点ができるなどの症状が現れます。激しい痛みはありませんが、ピリピリした刺激を感じる場合があります。もっと症状が進むと腫瘍ができて、強い痛みを感じるようになります。

左の写真は、口蓋に隆起した口蓋癌です。

口唇癌

口唇粘膜と皮膚の境目にある皮膚や粘膜部分に発症します。タバコや紫外線、アルコールなどが要因とされていますが、口腔内にできる癌に比べて発症率は少ないとされています。初期段階では、口唇の表面が荒れる、かぶれるなどの症状がありますが、進行すると、しこり、潰瘍、びらん、カリフラワー状の腫瘤がみられます。

左の写真は、唇にできたイボ状の口唇癌。
問い合わせ 電話 フォーム

口腔癌から大切な命を守るために

快適な食生活は、健康面ではもちろん、私たちの生活に活気と楽しみを与えてくれます。そして会話は、コミュニケーションをスムーズにし、人間関係を豊かにしてくれます。どちらも生きていく上でとても大切なことですが、これらは健やかな口腔環境によって支えられています。それが口腔癌によって奪われてしまうことになったとしたら?

口腔癌の5年生存率は60~80%と比較的高く、初期の段階で発見・治療をすれば、十分に元の生活を取り戻すことが可能です。しかしかなりステージが進んでしまうと、命を救うために手術で舌や顎の骨を切除しなければならなくなり、食事や会話がとても不自由になります。アメリカをはじめとした歯科先進国では、口腔癌の早期発見・治療が積極的に行われているため、癌になる確率は高くても、死亡率は減少傾向にあります。しかし、日本はどちらも増加の一途をたどっています。この違いは一体どこにあるのでしょうか?

日本では、なによりほかの癌に比べて口腔癌の認知度が低いことに大きな原因があります。口腔癌から大切な命を守り、いつまでも健康で快適な生活を送るために大事なこと。それは、口腔癌の認識、予防、早期発見・治療です。

口腔癌の自覚症状で多く見られるのが、口腔内の痛みや腫れ、潰瘍、出血、口臭などです。これらをむし歯や歯周病、口内炎といった口腔内疾患だと思い込み、気が付かないうちに癌が進行していた、というケースも少なくありません。また、初期の段階ではほとんど痛みがないため気が付かない場合があります。

歯肉が腫れる、しこりがある、治りにくい口内炎や傷があるときは、口腔癌を疑ったほうがよいでしょう。

日ごろから気をつけること

  • 過度なタバコ、お酒の摂取を控える
  • 偏食せず、バランス良い食生活を心がける
  • 歯磨きやうがいを習慣化して口腔内を清潔に保つ
  • 合わない入れ歯、破れたかぶせ物、治療していないむし歯があれば放置せず、適宜治療を受ける

進行したむし歯を放置したり、合わない入れ歯をそのまま使っていて舌や頬を傷つけていたり、口腔内が歯垢や歯石で汚れていたりすると口腔癌が発生しやすくなります。つまり口腔癌の予防で大切なことは、かかりつけの歯科医院を持って、定期的な診療を受けることなのです。むし歯の適切な治療、こまめな入れ歯の調整、むし歯や歯周病を予防するためのクリーニングなどを受けることで口腔内は清潔に保たれ、口腔癌のリスクを下げることにつながります。それと同時に癌を寄せつけない生活習慣(タバコを吸わない、お酒を控える、ストレスを溜めない、バランスよい食生活、適度なスポーツなど)を心がけましょう。

自宅でもできる!セルフチェック

口腔癌にならないために、自宅でもできるセルフチェックリストです。
チェックしてみて思い当たるところがあれば、すぐにあべひろ総合歯科でご相談ください。
  • なかなか治らないしこりや腫れはないか?
  • 赤くなっていたり、白くなっているところはないか?
  • 2週間以上治っていない口内炎はないか?
  • 合わない入れ歯を使っていないか?
  • 食べ物が飲み込みにくいなどはないか?
  • 1日にタバコを40本以上吸うか?
  • 1日に日本酒を3合以上飲むか?
  • 口が開きにくくなってきたりしていないか?
  • 唇や舌がしびれたりしないか?
  • 抜歯後など、口内の傷の治りが悪くなってないか?

最後に

口腔癌の大半は口の表面に発生するので、他の癌の場合と異なり、直接見て触ることができます。ですから、普段から気にしてさえいれば、早期の発見・治療が可能です。「できもの」がある、口の中が白い、口内炎など痛みを伴う、口内炎の治りが悪いなど、自覚症状がある方は、お気軽にあべひろ総合歯科でご相談ください。 問い合わせ 電話 フォーム
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
初めての方へ
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
pagetop