三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜9時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜21時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:00~21:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

エムドゲインゲルについて(歯周再生療法)

エムドゲインとはスウェーデンで幼弱な豚の歯の芽(歯胚と言います。)から抽出したタンパク質を利用してます。エムドゲインは商品名で、エナメルマトリックスデリバティブこれが一般名です。 スウェーデンのビオラ社で開発生産され世界40カ国以上で使用されておりますし、莫大な数の論文が世界中で発表されております。そしてこれは日本の厚生労働省の承認がなされておりますが、健康保険診療の適応にはなっておりません。 歯周病における従来型の治療は歯石や病的セメント質(主に感染性バイオフィルム)などの炎症を惹起させる細菌性感染原因物質を除去し、治癒を促すものでしたが、すでに破壊された歯周組織の再生は難しいと考えられていました。技術と科学の発達によってGTR法やエムドゲインが開発され、破壊された歯周組織を再生させることができるようなりました。

エムドゲインは、世界中で使用されている再生療法の中で最も信頼できる生体材料です。 厚生労働省の認可もされており、世界だけでなく、日本の学会でもその有用性がエビデンスとして報告されています。

使用手順

局所麻酔

伝達麻酔や浸潤麻酔を用いて手術部位の麻酔を行います。 血管収縮作用のある局所麻酔薬は歯間乳頭部や辺縁歯肉に注入しないで下さい。

歯周外科手術による歯肉弁の作成

歯肉溝内切開を行います。 必要に応じて歯槽粘膜内に達する縦切開を1~2カ所入れます。

歯根面の清掃

歯槽骨の骨内欠損部に付着した肉芽組織を除去し、歯根面に付いた歯垢や歯石を十分に除去します。

エッチング

歯根表面に残存するスミア層を短時間のエッチング処理 (例えばリン酸、クエン酸を用いて最大15秒間) により除去することが望ましい。

洗浄

滅菌生理食塩液で十分に洗浄する。

エムドゲインRゲル塗布

洗浄後直ちに欠損底部を起点にし、露出した歯根面全体を完全に覆うように、ゲル状のエムドゲインRゲルを塗布します。

縫合

広範囲の安定した縫合に適した縫合材を用いて縫合を行う。縫合時に本品が溢れ出てくることがあるが問題はありません。縫合時、歯間部を歯肉弁で完全に覆い、隙間なく緊密に密着させることが不可欠です。その時本品塗布後の創面は、歯肉弁により出来る限り被覆します。

エムドゲインRゲルのビフォー&アフター

症例1 歯牙の動揺が著しく、骨を回復させた後に歯を冠(ブリッジ:かぶせもの)にて 連結固定して保存が可能となった症例

症例2 天然歯の歯周組織の骨を回復させ、隣在歯にインプラントを埋入した症例 写真にある変色歯は、歯根破折及びむし歯で歯質が感染崩壊しており、 歯周外科にて確定診断を行い、抜歯しております。

エムドゲインRゲル作用機序の仮説

術後、エムドゲインRゲルたん白質は凝集し、歯根表面で不溶性のマトリックスを形成します欠損部位が凝集物で満たされ、間葉系細胞は損傷部位に遊走しエムドゲインRゲルのたん白質に接着します

エムドゲインRゲル処置後の歯根表面に沿って、セメント質と歯根膜を伴う新付着が形成されますエムドゲインRゲルによる上皮細胞の増殖抑制活性は、上皮の根尖方向への埋入を防ぎます

新生歯槽骨は、骨欠損の周辺ではなくエムドゲインRゲルで処理した歯根表面で開始され、その後、欠損部分を満たす形で形成されます

機能的な新付着はこの様な過程で完成します

このように新生歯槽骨によって回復していきます。

EmdogainRGelの有用性

Heijl氏1997年の研究 矯正治療で抜歯予定の歯に歯周病を発症させ、 Flap ope後エムドゲイン塗布した群とコントロール群(Flap opeのみ)の同一口腔内における比較試験。 半年~1年後に抜歯後組織切片にてその再生量を調べた。 結果:コントロール群に比べ、 セメント質の再生70% 骨の再生65% 付着に関し、エムドゲインを塗布した群はコントロール群に比べ有意に回復した。

EmdogainRGelの適応症 ポケット6以上、骨欠損深さ4~幅2~以上の垂直性の骨欠損 歯肉治癒促進 歯槽骨吸収防止 根分岐部病変2度まで

エムドゲインの安全性

現在、全世界39カ国において、100万症例に使用されていますが、エムドゲイン/エムドゲインゲルに直接起因した不具合報告は1例も報告されておりません。

Dr阿部ヒロからのコメント

エムドゲインは、世界中で使用されている再生療法の中で最も信頼できる生体材料です。

厚生労働省の認可もされており、世界だけでなく、日本の学会でもその有用性がエビデンスとして報告されています。 私はエムドゲインも含め、再生療法を年間100症例以上の実績を積んでおり日々検証しております。 また正しいトレーニングを受け施行しておりますのでご安心ください。

Dr阿部の実績

歯周病インプラント専門医アドバイザー (日本歯周病学会会員 日本臨床歯周病学会会員、弘岡ジャーナルクラブ会員) ・歯周病手術100例以上/年間 ・歯周再生療法50例/年間

歯周病専門サイト
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
pagetop