三郷市で歯科治療 ( 保険診療・歯周病・審美・インプラント ) なら、あべひろ総合歯科。平日は夜8時までの夜間診療・土日も診療・駐車場完備。

東京歯科大学水道橋病院 医療連携協力医療機関
厚生労働省(関東信越厚生局)認定、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
東京歯科大学 大学院卒、博士号を取得した歯科医師のいる歯科医院

  • 駐車場6台完備
  • 土曜・日曜も診療
  • 平日夜20時まで

三郷市早稲田2-2-8|三郷駅徒歩1分

TEL:048-950-2525

  • 平日:9:30~20:00
  • 土日:10:00~19:00
  • 休診日:祝日
  • 駐車場6台完備
  • 電話する
  • WEB予約
TEL:048-950-2525

外科的歯内療法

外科的歯内療法とは?

歯の根(歯根)の先の病巣を歯の中からではなく外側から取り除く

むし歯が原因で歯の神経まで炎症が進んでしまった場合、細菌に汚染されてしまった歯の神経を取り除き、神経が入っていた根管部をきれいにしてから、再び細菌が入り込まないように根の先まで薬を入れ、封鎖します。その後、空洞になった根管に金属やプラスチックなどで土台を作り、その上から人工の歯を被せるという処置が行われます。

この処置を行った後でも、レントゲンで確認した際、根の先に溜まった膿が小さくならず留まったままである場合、今度は歯の中からではなく、歯肉を切開し歯を支えている骨を削り、外側から膿を取り出すという外科的処置を行います。これを“外科的歯内療法”と言います。

外科的歯内療法が適している症例

  • 通常の根幹治療では完治しなかった場合
  • 土台として入っている金属が大きく長いため、取り除くのが困難な場合
  • オールセラミックなど高価な補綴物が使われており、壊さずに治療を行いたい場合

治療の流れ

  1. 表面麻酔を用いて、無痛的に麻酔を行います。その後、歯肉を切開し、歯を支えている骨を病巣が見えるように最小限の範囲で削ります。
  2. 病巣(膿の袋)を取り除きます。
  3. 感染が残っている歯根の先端部分を切断して取り除きます。
  4. 根管の断面をMTAセメントで封鎖します。
  5. 歯肉を縫い合わせて終了です。術後は出血や腫れが出ることがありますが個人差があり、程度は様々です。抗生剤と鎮痛剤を処方して、痛みと腫れを最小限に抑えます。削った骨は徐々に回復していきます。その後は3ヶ月程度、予後を観察します。

歯根の先に膿が溜まる原因

むし歯になり、やむを得ず神経を取る処置となってしまった場合、細い針金のような器具を使い、歯根っこの空洞に神経や細菌などが残らないように何度も清掃します。

ですが、歯根は元々とても複雑な形をしていることに加え、人によっては根幹がHの形、場合によってはあみだクジのように横の棒が複数本存在するイスムスという形状や、根幹が魚のヒレのような形をしているフィンと呼ばれる特殊な根管の形をしている場合は、専用器具を使っても神経を完全に取り除くことが大変困難なため、根管に雑菌が残ってしまったり、また薬剤をキッチリ詰め込むことが難しいので、根幹治療だけで完全な治療を行うことが難しい場合があります。

また、歯根の形の問題以外にも、
  • 根幹治療で使用した器具の先端が折れてしまい、歯根に残ったまま封鎖して治療を終了してしまった
  • 根っこの部分にヒビが入り、雑菌が繁殖してしまった
  • 自己免疫の力が低下しており、根管治療がうまくいっても根の先にあった炎症を解消しきれずに膿の袋として残ってしまった
  • 歯周病があり、その菌が根の先まで届いてしまった
など、根幹治療後に歯根の先に膿が溜まる原因は様々です。

膿を放置するとどうなる?

歯根の先で炎症が起き、そこに膿が溜まってしまうと身体の免疫反応でその膿を上皮と呼ばれる薄い膜で覆ってしまいます。この状態だと身体に吸収されることがないので、そのままそこに留まってしまうこととなるのですが、この状態を歯根膿疱(しこんのうほう)と呼びます。

また上皮ではなく肉芽腫(繊維質のかたまり)が膿を囲んでしまう状態の場合は、歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)と呼びますが、こちらも自然治癒することはありません。

歯根膿疱は10年以上特に悪さをせず変化がないようなら、外科的に取り除くことは必要なく、そのまま様子をみるというケースもありますが、風邪を引いた時や疲れがたまっている時などに度々炎症を起こし、歯茎や顔が腫れるような場合は外科的に膿疱を取り除く必要があります。

また、歯根膿疱があっても特に痛みや炎症も無く、レントゲンを撮って初めて知ったという患者さんも多いのですが、将来的に痛みが起きるなどトラブルを起こす可能性が高く、抜歯に至る原因にもなりうるため、歯科医師による正確な診査診断が必要です。

歯根膿疱を放置して膿が大きく肥大してしまうと、最悪の場合、顎の骨を溶かしてしまうことから大きな手術をしなければならないような事態になりかねません。

また、上顎に歯根膿疱があった場合はすぐそばに上顎洞と呼ばれる鼻につながる穴が開いているため、そこに膿が入り込むと副鼻腔炎や蓄膿症を起こしてしまう場合があります。副鼻腔炎や蓄膿症になると頭痛もしてきますし、嫌な臭いも出てきます。この症状で耳鼻科へ訪れても歯が原因であるとわからないケースもあるため、注意が必要です。

また、歯根膿疱は掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と呼ばれる、手足に嚢胞が現れる病気の原因にもなりうるとの見解もあります。掌蹠膿疱症の正確な原因はまだよくわかっていませんが、慢性的な炎症が原因となって生じる可能性があると考えられており、歯根膿疱が身体にあることで掌蹠膿疱症を誘発する一因となっている可能性は否定できません。

設備の整ったあべひろ総合歯科で安心安全な治療を

このように身体の中に常に炎症の原因となる物質がある状況というのは健康面からみても問題です。皆さんは指や足に怪我をして患部が膿んでしまったような場合、きれいに治るまでなにかと気になりませんか? そんな状態の部分がいつまでも身体の中にあるというのは間違いなく良くありません。しっかり治療を行い、再発しないように歯の健康を取り戻すのがベストと考えます。
あべひろ総合歯科では、最新の設備を整えておりますので、外科的歯内療法という大変細かな作業を伴う治療を得意としております。根幹治療で神経を取り除くと、その穴の直径は0.1~0.2mm程度、それを0.4~0.5mmくらいに拡大させます。そんな小さな穴の中に入り込んでいる細菌の除去を行う作業には、やはり最新のCT・レントゲン機器による正確な診査診断と、高性能マイクロスコープによる拡大しながらの作業、何よりも重要なのはこれまでの経験や正確な治療技術です。

過去に他院で受けた根幹治療の予後が良くない、原因不明で年中歯茎や頬が腫れる、副鼻腔炎や蓄膿症が完治しないといった悩みをお持ちの方は、「最新の設備」「正確な診査診断力」「豊富な治療経験」「高度な治療技術」すべてを備えているあべひろ総合歯科まで、是非ご相談ください。
  • (無料)でのご相談は
  • 新患急患随時受付
  • インプラントリカバリー
  • SPIシステム
  • ノーベルバイオケアインプラント
24時間WEB予約(初診の方のみ)
あべひろ総合歯科
について

〒341-0018
埼玉県三郷市早稲田2-2-8

TEL:048-950-2525mail

患者さんの主要なお住まい
埼玉県三郷市、吉川市、越谷市、草加市、千葉県流山市

Blog Contents
ブログ一覧へ »
  • 矯正歯科ブログ
  • 尾澤友梨のぷちろぐ
  • マネージャーブログ
  • 動画Q&A

MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
あべひろ総合歯科は
MALO CLINICの提携医院です
歯髄細胞バンクのセルテクノロジー
歯髄細胞バンク
  • 世界に誇る韓国インプラントの最新情報に迫る
  • 人道支援のためドミニカ共和国へ
  • インプラント専門医(Mastership)に認定されました
  • 医療費控除について
  • 正しいデンタルフロスの使い方
  • 舌の病気・トラブル
  • スポーツや歯ぎしりから歯を守るマウスピース
  • 噛み合わせでお悩みの方へ
pagetop